アーカイブ
展覧会カタロググループ展
・間島秀徳(コメント) 『第14回山種美術館賞展』 山種美術館 1997年
・加藤弘子 「「日本画を越えて」 『現代絵画の一断面』-「日本画」を越えて」 東京都美術館 1993年 pp.4-7
・天野一夫 「民族・表象としての「日本画」-「日本画」の青春の行方」 『日本画家の青春』
 郡山市立美術館 1994年 pp.48-59
・中山恵理 「日本画家の青春」 『日本画家の青春』 郡山市立美術館 1994年 pp.79-81
・平田健生 『冒険美術-水のいたずら-』 滋賀県立近代美術館 1997年 pp.9,54
・谷新 「「ジャンルを超えて」 『チバ・アート・ナウ97 現代美術というジャンル』 佐倉市立美術館 1998年 pp.29-30
・間島秀徳(コメント)『チバ・アート・ナウ97 現代美術というジャンル』 佐倉市立美術館 1998年 pp.29-30
・野地耕一郎 「純粋と越境-90年代の「日本画」考」
 間島秀徳(コメント、『チバ・アート・ナウ97 現代美術とジャンル』カタログより引用)
 『現代美術の手法-3「日本画」純粋と越境 90年代の視点から』 練馬区立美術館 1998年 pp.6-8,57
・草薙奈津子 「間島秀徳」(作家解説) 『VOCA展’99 現代美術の展望-新しい平面の作家たち』
  VOCA展実行委員会/財 日本美術協会・上野の森美術館 1999年 p.44
・大島賛都 「空虚な空間を満たすもの『prime記憶された色と形』」 東京オペラシティアートギャラリー
 2000年 9月号 pp.12-13
・小泉晋弥 「間島秀徳」(作家解説) 『カフェ・イン・水戸』 アカデミア・プラトニカG3 2002年 p.39
・前川公秀 「間島秀徳」(推薦文) 『第1回東山魁夷記念 日経日本画大賞展』 ニューオータニ美術館 2002年 pp.32-3
・天野一夫 「間島秀徳」(推薦文) 『第2回東山魁夷記念 日経日本画大賞展』 ニューオータニ美術館 2004年 pp.28-29
・天野一夫 「絵図」と「絵画」の間で、中間項としての「日本画」 ギャルリ・オーブ 2005年
・間島秀徳(コメント) 「絵図」と「絵画」の間で ギャルリ・オーブ 2005年
・大森潤也 「大気をとりこみ流れ躍る水、間島秀徳」 『水をめぐって、光を追って』 日立市郷土博物館 2006年 pp.3,4
・間島秀徳(作家の言葉) 『水をめぐって、光を追って』 日立市郷土博物館 2006年 p.23
・野地耕一郎 「日本画」という事件の目撃者にして、「事件」の収集家
 「賛美小舎」上田コレクション-夫妻であつめた愛しの現代美術- 練馬区立美術館 2007年 pp.20-23
・立島惠 「無所属作家について」 『遠き道展-はて無き精進の道程-』
  明石市立文化博物館他巡回 2008年 pp.21-24
・野地耕一郎 「間島秀徳+小野友三」 東京日本橋高島屋6階美術画廊 2008年
・佐藤道信 「間島秀徳」(推薦文) 『第4回東山魁夷記念 日経日本画大賞展』 ニューオータニ美術館 2008年 pp.34-35
・野地耕一郎 「間島秀徳」(推薦文) 『第5回東山魁夷記念 日経日本画大賞展』 上野の森美術館 2012年 pp.56-57
・間島秀徳(作家の言葉) 水と身体の行方、二年後。自然と芸術、そしてレクイエム 茨城県近代美術館 pp.70-72
・永松左知 間島秀徳 第4章 生成の場にかける想い 作家たちのデザイン、作家とアトリエ展 茨城県近代美術館 p.7
・間島秀徳(コメント) SEAMOUNT 6つの個展 2015 茨城県近代美術館 p.33
・稲葉睦子 水の声を聞く-間島秀徳 不可視の表現、6つの個展 2015 茨城県近代美術館 pp.64-65
・小泉淳一 6つの個性の競演-あるいは、個性を越える共通性について(記録集) 6つの個展
 2015 茨城県近代美術館 pp.13-16
・丸地加奈子 「日本画」と物質-素材を巡る挑戦、『NIHON画』 豊橋市美術博物館 p.91
・野地耕一郎 日本画山脈と「日本画」興亡史、「日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線」 新見美術館他巡回 2017年 p.11
・間島秀徳 現代を生きる日本画家の言葉、「日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最線」 新見美術館他巡回 2017年 p.19
・間島秀徳 表現における素材と技法の関係について、「日本画山脈 再生と革新〜逆襲の最前線」
 新見美術館他巡回 2017年 pp.148-149